【勉強法を調査】WEBライティング技能検定の試験の特徴とは?

ライティング向けの資格

アピールして仕事を増やす

PCを使う人

インターネットを活用して収入を得る方法として、ライティングと呼ばれる仕事が話題となっています。
クライアントからの要望に沿った記事を書くこの仕事は、パソコンとインターネットに接続できる環境さえあればすぐに始められることから好評です。
記事の内容は簡単なものがほとんどで、詳しい知識を持たない人でも書くことができます。
しかし基本的な書き方などを習得しておかないと、クライアントに迷惑をかける恐れもあります。
そのための知識を得るには、WEBライティング技能検定の勉強を通して学ぶのがおすすめです。
この検定試験は、インターネット上でのライティング業務に必要な知識が備わっているか問うものです。
自然な文章を書くには、文章の構成や日本語の文法など様々な知識を持っておくと有利です。
WEBライティング技能検定に合格していることは、それらが備わっていることを証明することができ、クライアントからの仕事も受けやすくなります。
もし初めてライティングの仕事をするのであれば、まずはWEBライティング技能検定の合格に向けて勉強してみましょう。
テキストや問題集などが販売されているので、それらを活用して学習するだけで知識が身につき良い文章を書けるようになります。
ライティングの仕事はこちらから自分をアピールしていかないと受注も少なくなります。
WEBライティング技能検定に合格すればプロフィールなどに書いてアピールすることができ、仕事を増やすのに貢献してくれるでしょう。

どのようなスキルが必要か

IT

ここ最近、日本人の働き方は多様化しており、若い世代を中心に、会社に雇用されるのではなく、フリーランスで仕事をしている人が増えております。
フリーランスの仕事の代表的なものといえばWEBライターです。
WEBライターとは、クライアントの依頼を受け、インターネット広告や情報サイトの記事といった、インターネット上の文章執筆を請け負う仕事です。
フリーランスのWEBライターは自分のライフスタイルに合った形で仕事を受注しており、執筆した分だけ報酬が得られる為、収入面においてもサラリーマンと遜色ありません。
一般的に、文章を書くのが好きな人や読書が好きな人はWEBライターに向いているといえますが、併せてWEBライターに必要なスキルを身に付けていく必要があります。
その為に最適なのはWEBライティング技能検定に合格することです。
WEBライティング技能検定は一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会による民間の検定試験です。
受験にあたっては、WEBライティング技能検定講座を受講し、必要なライティングスキルを勉強していきます。
一通りの学習を終えたら、本番のWEBライティング技能検定に臨むことになりますが、自宅で受験できるため、受験生にとっては大変メリットがあります。
WEBライティング技能検定に合格すれば世間一般にWEBライティングのスキルがあることをアピールできるようになり、WEBライターとしての仕事の幅も広がって行きます。

資格の取得とその内容とは

男性

昨今、クラウドソーシングのサイトが増えて、自宅でも仕事ができる環境作りが盛んになりました。
クラウドソーシングはWEBライティングをはじめ、データ入力やWEBデザイン、イラスト作成など様々なものがあり、自分の特技を生かせることや、時間や場所の制約に縛られないなどのメリットがあります。
WEBライターを始めるにあたって、持っておくと心強い資格がWEBライティング技能検定です。
このWEBライティング技能検定に合格すると、WEBライティング実務士という資格が取得できます。
この資格を取得すると、各クラウドソーシングサイトによっては仕事の紹介率や報酬率が高くなるメリットがあり、またWEBライティングに置いて基礎的な知識を持っている証明にもなります。
中には文章を書くのに資格がいるのかと疑問に思われる人もおられるかもしれませんが、クライアントとのより良い関係構築の方法やビジネスマナー、そして個人情報の取り扱いなどについても学べるため、意義のある検定だと考えられます。
WEBライティング技能検定は、独学では取得することは出来ません。
これを取得するには、WEBライティング技能検定講座という通信講座を受講する必要があります。
試験に必要な知識や実技の課題が記された教科書を参考にして、WEBライティングにおける文章作りのルールや個人情報の取り扱い、クライアントとの関係構築のための注意点など、詳しく学びます。
すべてをしっかりと学び終えてから、日本クラウドソーシング検定協会主催のWEBライティング技能検定の受験が可能になります。