【勉強法を調査】WEBライティング技能検定の試験の特徴とは?

好きなことで副業をする

技能を身に付ける

PCを操作する人

最近、会社勤めをしている人が副業をするケースが増えてきました。
副業をする理由としては、給料が足らないのでそれを補うお金を稼ぐためであったり、副業そのものが好きなためであったりと、様々です。
副業はオフィスを借りずに自宅で働く、いわゆる「在宅ワーク」の形が一般的です。
在宅の副業にはネットショップ経営やネイルサロンなど様々なものがありますが、中でも最近注目を集めているのが、WEBライターの仕事で、文章を書くのが好きな女性などに人気があります。
WEBライターを志す人が最初に取り組むことは、WEBライターとしてアピールできるようにするため、WEBライティング技能検定に合格することです。
WEBライティング技能検定は一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が主催する民間の資格試験で、WEBライターの力量を示す上での重要な検定試験です。
受験にあたってはWEBライティング技能検定講座を受講し、本試験で出題される、社会人としてのマナーやクラウドソーシングという働き方について学ぶ他、WEBライターとしてのライティング技能を身に付けていきます。
本試験は試験会場に出向かずに指定された期日に自宅で受験する方式を取っている為、受験する側の利便性は高い試験となっています。
WEBライティング技能検定に合格することによってクライアントからの信頼は格段に増すだけに、今やWEBライティング技能検定合格は、在宅ワークのWEBライターにとっては必須のものとなりました。

SEOやマナーも学べる

パソコン

フリーライターというと、一人で取材を行い記事を作成するという意味で大変な仕事というイメージがありました。
ですが、クラウドソーシングサイトの登場により、自宅にいながらにしてより手軽な記事作成を行うWEBライターと呼ばれる人が登場してきています。
WEBライティング技能検定は、こうしたWEBライターの知識や技能レベルを測るための検定です。
WEBライティング技能検定を受けるには、資格教材を購入しなければなりません。
試験は主にその教材から出題されます。
教材費用は三万円ほどで、受験費用も加えるとおよそ五万円ほどになります。
WEBライティング技能検定では、WEBライターとしての基礎的なマナーと、文章を書く上での基礎的なルールと注意点、SEOについての知識などについての問題が出されます。
初心者から中級者向けであり、すでにWEBライターとして活動している人にとってはかなり初歩的なこととなります。
ですが、駆け出しライターが急増している昨今では、この基礎的なこともできない人が非常に多くなってきており、WEBライティング技能検定の意味合いは大きくあります。
技能や知識の有無を測るだけでなく、技能と知識を習得するというのがWEBライティング技能検定の大きな目的といえます。
また、文章力やマナーについてはある人でも、SEOについては詳しくないという人も多いものです。
SEOとは、検索時に上位にこさせるための工夫のことです。
この知識と工夫を知ることができるだけでも大きな意味があるといえるでしょう。

スキルアップの証明に

パソコンを使う人

自分の好きな時間や好きな場所で働くことが出来るクラウドソーシングは、インターネット環境が整ったパソコンがあれば始めることが出来る新しい形の働き方として注目を集めています。
仕事内容は多岐にわたり自分のレベルに合わせた、仕事を探すことが出来ます。
もちろんスキルアップ出来れば、仕事の報酬も多くなります。
クラウドソーシングの中でも人気が高いのが、WEBライティングつまりWEBサイトの中の文章作成です。
稼げるWEBライターを目指す為には、スキルを証明する資格を取得するのが効率的です。
資格といっても種類は様々ですが、広がるクラウドソーシング市場で注目されている資格があります。
それがWEBライティング技能検定です。
WEBライティング技能検定はWEBライティングに必要な、基礎知識や文章作成技術を有しているかまたビジネスマナーなどを検定する資格です。
WEBライティング技能検定に合格してスキルを証明することで、クライアントへのアピール材料となります。
WEBライティング技能検定に興味があるという人は検定合格に向けて、サポートしてくれる通信講座があるので一度調べてみるとよいでしょう。
クラウドソーシング市場はこれからも需要が増えると考えられていて、合格するとWEBライティング実務士として働くことが出来ます。
時間に制約がある主婦や地方に住んでいて仕事がなかなか見つからない人、学生から定年退職後の働き口を見つけたいという人まで自由に働くことが出来ます。