【勉強法を調査】WEBライティング技能検定の試験の特徴とは?

2種類の試験がある

合格しやすい

大学生

WEBライティング技能検定には2つの種類があり、そのどちらも受験して良い成績を取らなければなりません。
WEBライティング技能検定の2つの試験は、選択式の試験とライティングの試験です。
選択試験の方は、点数が取りやすくて、決められたテキストをきちんと勉強しておけば、満点を取ることができます。
また、WEBライティング技能検定のライティングの方は、やや難度が高いです。
実際に文章を作成して、その内容が採点の対象になります。
時間は無制限ではなく、決められているので、できるだけ早く文章を書かなければなりません。
WEBライティング技能検定の選択式のテキストは、インターネットを使って入手できます。
この試験を行っている社団法人のホームページから申し込むことができます。
ライティングの対策もする必要がありますが、まずテキストを入手して基礎的なことから勉強しましょう。
基礎ができていれば、この検定は合格しやすいです。
合格率は50%を超えているので、その数字からもこの試験が難しくないことが分かるでしょう。
また、テキストには、基礎編のテキスト、実践編のテキスト、基礎編問題集、実践編問題集などがあります。
基礎編と実践編のテキストをしっかり学んで、試験が近くなったら、問題集を始めるのが良い方法です。
問題集で本番の試験の傾向を掴んでおけば、本番の時に慌てることなく、問題を解けるようになるでしょう。
また、ライティングの試験に備えて、勉強をしておくことも大切です。
文章を書く試験なので、本番に向けていろいろな種類の文章を書くようにしましょう。
そして、書いた後は読み直して、改善すべきとところを見つけて、次に書くときに生かすようにします。

信用性の担保

学生

フリーランスの仕事はデータ入力作業やデザイナーなど多岐に渡っておりますが、なかでも最近注目を集めているのが、WEBライターです。
仕事をするにあたって免許は必要ありません。
ただ、対外的にWEBライターとしての能力をアピールし、信頼性を確保しようと思えば、それなりの資格が必要です。
そのようなこともあり、WEBライターがWEBライティング技能検定を受験して資格を取得するケースが増えてきました。
WEBライティング技能検定とは、一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が主催する民間資格の試験です。
WEBライティング技能検定を受験するにあたっては、WEBライティング技能検定講座を受講する必要があり、送られてきた教材を勉強し直し、WEBライターとしてのスキルを確認していきます。
WEBライティング技能検定の本試験は毎月行われますが、いきなり本試験受験だと心配という人向けに模擬試験も行われています。
どちらもインターネット上で受けることができるので、忙しい人でも気軽に挑戦できます。
そして、晴れてWEBライティング技能検定に合格することが出来た暁には、対外的な信用を得られるだけでなく、WEBライターとして仕事をする上での自信が得られます。
ライターを募集しているサイトでは、資格試験に合格したと示せば、それだけでポイントアップや報酬アップといった特典を付与してくれるところもあります。
WEBライターを目指している人は、まずはWEBライティング技能検定合格を目指しましょう。

豊富な学生寮が自慢

男の人

神戸電子専門学校は、1958年に設立された専門学校としては長い歴史をもつ学校です。
学校が創立された当初は、電気工事士やテレビ技術者の育成が中心でしたが、その後IT分野やゲーム制作、音楽関連やグラフィックデザインなど、履修できる分野を少しずつ増やしてきました。
現在では、全部で15もの学科があり、そのすべてが文部科学省が定める職業実績専門課程に認定されています。
神戸電子専門学校のカリキュラムはすべて、「基礎」「専門」「実務経験」という3つのステップから成り立っています。
まずは、専門的職業人になるための基礎力を養成したうえで、専門分野の知識とスキルを身に着け、最後に企業と連携して次戦力や経験を積み重ねていくようにカリキュラムが組まれています。
神戸電子専門学校があるエリアは、神戸の中心街から近く、交通アクセスがたいへん良いのが特徴です。
最寄り駅からは徒歩10分でキャンパスまで到着することができ、学校の近くにマンションやアパートを見つけやすくなっています。
一人暮らしが心配な保護者から好評を得ているのが、神戸電子専門学校の学生寮です。
男子寮や女子寮、提携している不動産会社から借り上げたワンルームマンションなど、いろいろなタイプの学生寮があります。
キャンパス周辺には、アルバイト先も多いので、アルバイトをしながら学生生活をおくりたい人にも便利な立地条件の学校です。
さらに、近郊の主要都市からも特急電車を利用すると30分から60分以内でアクセスすることができるため、隣接する都道府県の自宅からも楽に通学することができます。